日本限定価格

ハワイでのご利用

ガソリンの入れ方や
交通ルール
おすすめガイド

ハワイはスタンドもハワイ風

ハワイではセルフサービスのガソリンスタンドが主流。
せっかく来たんだから、セルフにトライしてみよう!日本式のサービスもありますが、セルフの方が割安です。

殆どのスタンドがセルフ給油機です

給油機

ハワイのガソリンスタンドはほとんどセルフ給油機です。
こんな感じの機会で、クレジットカードで支払いができそうに見えます。
しかし、今のハワイワイキキ周辺のほとんどのスタンドでは、日本発行のクレジットカードでの機械支払いは受け付けてくれません。偽造カード利用防止の一環のようで、発行時に登録した郵便番号(zipコード)を入力しないと支払いできません。つまり、そのコードが日本の郵便番号だと受け付けてくれないのです。
その場合は、スタンドに併設のお店(コンビニのような感じ)に行って、レジのスタッフに給油する旨伝える事になります。
①車を停める
②そのレーンの番号を覚える(上の方とかに書いてあります)
③レジ(キャッシャー)にいってその番号とフィルアップと伝える
④現金かカードの提示する
⑤車に戻り、給油する(レギュラーガソリン)
⑥しっかり蓋を締めて、再びレジに
⑦入れた分だけ精算される
と言った感じです。

給油

レジはこんな感じです。ガソリンスタンドなので、目的はわかってもらえるから、少しの英語でも大丈夫、大丈夫。

給油する

給油

車の給油口を開けキャップを外したら、給油機のガンをはずし、ガンを支えているレバーを上げれば準備OK。

給油

ガンのノズルを給油口に差し込みガンのグリップを握るとガソリンが出ます。満タンに近づくと自動的に停止します。ガソリンの勢いでセンサーが反応し満タンになる前に停止しますので、停止後3~5回ほどグリップを握りなおし完全に満タンになったら完了。ガンを元に戻してください。

支払をする

給油

【1ガロン= 3.8リットル】

ガソリン価格は頻繁に変わる為、事前のご案内はできません。その場にてご確認ください。

ハワイの交通ルール

ワンズのワンポイントアドバイス。地図を見るよりカーナビ(ハワイではGPS)を利用した方が安全ですよ。

ハワイは日本と逆の右側通行です。左折時に左車線に入らないよう注意しましょう。


赤信号でも右折できますので、注意してゆっくり右折しましょう。 ※「No Right Turn on Red」の標識がある場合と、右折専用信号が赤の場合は右折できません。


停止中のスクールバスの側方通過は、反対車線も含め禁止されています。スクールバスが前方に停止しストップサインを出しましたら、必ずその後方に停止して発進するまで待つようにしてください。


一時停止の際、停止線を越えて止まったり、道路へ車の頭を出した止め方は無謀運転とみなされます。


ハワイは雨が多いです。ザーッと降ってすぐ止む感じですが、水たまりができやすし、水はけが悪い場所も多くあります。ご注意ください。


黄色鋲や黄色線でしきられている中央の車線はUターン、左折専用です。走行車線ではありませんのでご注意ください。


車内に開けたアルコール類があった場合や、同乗者が飲酒している場合でも罰せられます。


運転中の携帯電話の使用が禁止されました。
●走行中はもちろん、信号待ちや渋滞などでの停止中も禁止です。
●緊急時に警察や消防などに連絡する場合や、ハンズフリー機能を利用の場合、また安全な場所に駐車している場合での使用は法律で認められている。
●違反者(初犯)$100以上の罰金。再犯$500以上の罰金。交通事故の原因となった場合は$1,000以上の罰金となります。


ハワイドライブのpoint

「レンタカーなら、約6時間くらいで、ノースショアとかいろいろまわれます」

ハワイは、フリーウェイやハイウェイをうまく利用すると、東廻りのノースショアからH2を利用して一気にワイキキに戻るとか、カイルアまで30分程度で行けたりととても楽しみが膨らみます。決して広い島では無いので、ゆっくり行ってもあまり時間は変わりません。のんびり、ゆっくりレンタカーでハワイを楽しむのが一番です。ゆっくり走れば、事故の危険も減りますし、素敵な景色のお土産付きです。慌てずのんびり、ゆっくり、譲り合いの気持ちがハワイドライブの肝心なところです。

Copyright(C) ONE's NET WORK All Right Reserved.Design by http://f-tpl.com